十条キリスト教会の歩み

◆ アッセンブリーズ・オブ・ゴッド(Assemblies Of God)教団について

米国「アッセンブリーズ・オブ・ゴッド教団」は、1901年米国カンザス州トぺカの聖書研究会に集まっていた人々が異言を伴う聖霊のバプテスマを経験したことに始まります。その後、その聖霊の炎がロサンゼルスのアズサ街に飛び火して大リバイバルが起き、この何年も続くリバイバルを経験をした人々が組織的な活動の必要性を覚え、1914年に教団が設立され現在に至っています。現在、全世界に約1,500万名の信徒を有し、26万8千余の教会があります。
日本においては、1913(大正2)年、同教団の宣教師C.F.ジュルゲンセン師が日本伝道のため来日し、日本の教職弓山喜代馬(きよま)師らと協力して教団を組織しました。
戦時中は日本基督教団に統合されましたが、戦後宣教師団の復帰と共に1949(昭和24)年3月15日、日本基督教団を離脱し、同日、同信の諸教会に呼びかけて「日本アッセンブリーズ・オブ・ゴッド教団」を組織しました。
現在、日本の全都道府県に200を超える教会・伝道所を有する教団となっています。

 ◆ 十条キリスト教会の歴史

1948(昭和23)年より、神召教会(板橋)の青年たちが十条商店街のはずれで青空日曜学校を開いていました。教団創始者の一人である弓山喜代馬師や、米国人宣教師C.F.ジュルゲンセン師の娘であるマリヤ・ジュルゲンセン師が現在の土地を購入。
1948(昭和23)年7月に古材などで15坪の建物(初代の会堂)が完成しました。そこに当時の聖霊神学院(神召教会内)で訓練中の細井修一・説子師夫妻(細井眞牧師の両親)が居住し、伝道を開始しました。当初は、聖日礼拝は神召教会で合同で行われ、十条では弓山師が祈祷会・聖書研究会を指導していましたが、その後、細井修一師が十条教会の主管者(牧師)となりました。
付属いずみ愛児園(私立幼稚園)もこの頃開設しました。 >>1990(平成2)年閉園 <<
1967(昭和42)年1月31日に隣家からの出火で牧師館と会堂の一部を消失するも、4月には再建し、1969(昭和44)年には2階の礼拝堂を増築して建物の総面積は120坪になりました。
1995(平成7)年9月、細井修一師が召天。 >> 細井説子師は2007(平成19)年1月召天 <<
1995(平成7)年12月、その2年前に米国留学より帰国した細井眞師が主管者(主任牧師)に就任し、現在に至っています。
1998(平成10)年に設立50周年を迎え、2006(平成18)年4月には新会堂(カテドラル・オブ・プレイズ)が建設され、その後、聖霊様の濃厚なご臨在と著しい働きの中で礼拝と伝道が続けられています。

 ◆ 十条キリスト教会の歴史

2006(平成18)年4月に献堂されたカテドラル・オブ・プレイズ(賛美の教会堂)は、5年以上の準備期間と8ヶ月の工期を経て建設されました。

6月10日(土)建築業者より十条キリスト教会に対して会堂の引き渡し
イースター礼拝、入堂式
献堂礼拝(教会員、親戚・知人)
献堂披露会(工事関係者、教団および近隣教会関係者等)